逆流性食道炎 症状

逆流性食道炎
逆流性食道炎
はじめまして。管理人M.Kです。
私も先日まで、逆流性食道炎に悩まされていました。かれこれ3年ほど。
しかし、今完全に完治しました。

その間、いろいろな施術をためしました。薬治療、足もみ、運動、ストレス解消、食べ物、ダイエット法まで実践しました。
しかし、結果的に今思うとかなり遠回りしたなぁ~と感じています。
ネットに書かれているありとあらゆる情報に惑わされ、振り回され、本当に必要なことや基本に目を向けるまでかなりの時間を要しました。

そして、最終的にお世話になったのが改善プログラムです。
何が原因で、何をすればいいのか?逆に言うと何だけすればよいのか。を正確に知ることで、今では、再発しても完治する自信さえあります。
また、最終的に私が踏み切った大きなポイントは、改善しなかったときの全額返金制度です。

病院は診察料と薬代を取られ、改善に見込めなくても返金してくれません。仮に1年も通院すれば数万円というお金になります。
私の場合、返金が付いているプログラムを全て購入し、返金のことを考え日記にまで記録を残していましたが、1週間程度で改善されていることを実感し、1ヶ月後には、完治しました。

このサイトでは、私もお世話になったプログラムをはじめ、いくつかの改善マニュアルを紹介します。
月の通院、投薬の費用が5千~1万円、さらに、胃カメラ1回につき15,000円の生活から、1日も早く解放されたいですね。

是非、ご参考いただければと思います。
これから紹介する3つのプログラムは、改善されない場合、全額返金されるプログラムをピックアップしました。是非、本格的に改善を考えている人は、3つのプログラムを試し、自分に合う施術を行ってもいいと思います。

福辻鋭記

【逆食改善プログラム】薬を使わずに胃酸,吐き気をスッキリ改善!
福辻鋭記

1週間でカラダの変化を実感できる!おすすめのプログラム
福辻鋭記先生は、東京の五反田にて「アスカ鍼灸院」の院長でもあり、鍼灸、カイロプラティック、整体の専門家です。延べ50誌以上の取材経験もあり、単行本の出版、テレビ出演も多数でTBSテレビ :日本の名医50人にも出演しています。
薬に頼らず、長期化させない【逆食改善プログラム】として非常に人気のあるプログラムです。
otoku1喜びの声を私まで届けて頂ければ、感謝の気持ちをこめて5,000円プレゼント!
otoku1全額返金保障あり

逆流性食道炎 詳細はこちら


細川晶生

逆流性食道炎の治療方法。市販薬を使わない!!
細川晶生

映像で分かりやすい!ストレッチ・ツボ押しで逆食改善間違いなし!!
細川晶生先生は、東京都日野市で整体院、カイロプラクティック院「細川整体院」の代表です。
胃そのものを強くし(胃を改善させるための運動)、安全で、かつ高い確率で改善させるメソッドを動画で紹介しています。
otoku1「喜びの声」を下されば、3,000円を全員にキャッシュバック!
otoku2全額返金保障あり

逆流性食道炎 詳細はこちら




遠近教一

逆流性食道炎アドバイザーの遠近教一さんのプログラム
遠近教一

鳥取県 トオチカヘルスケア整体院の院長:遠近教一さんの3日間限定販売の特別改善プログラム
食べたものが逆流してくる、胃がいつもムカムカする、食後に毎回気持ち悪くなる、お腹やみぞおちの痛みが止まらない、お腹のせいで、食べたいものが食べれない
自分の口臭が気になる、ゲップの症状が頻繁におこる、お腹の張りが気になる、逆流する胃液で喉が熱くて痛い、病院に通っていても効果がないという方、遠近さんの1日15分、3週間プログラムを実践してください。
otoku2全額返金保障あり

逆流性食道炎 詳細はこちら






【逆流性食道炎の基礎知識】

逆流性食道炎は、食道下部の噴門障害とも呼ばれています。胃酸が食道に逆流
1日2リットル以上分泌される胃酸(強い酸性液)が逆流しないように閉じているはずの胃と食道の境目が、何らかの原因で開いてしまいます。
胃液中の胃酸は塩酸とほぼ同じで酸性度が非常に高いのです。
胃壁は胃粘膜保護液を分泌して胃酸から防御する構造がありますが、食道には、強い酸から粘膜を守る機能がありません。

よって、胃液が逆流すると食道の粘膜は、もろにただれ、ことにより生じる炎症を起こすのです。

逆流性食道炎 原因

原因は、たくさんあります。
暴飲暴食、早食い、食事の欧米化であぶら物の増加、辛い物などが原因と良く言われます。

逆流性食道炎 ストレス

過度なストレス:これも大きな要因です。ストレスを受けると自律神経のバランスが崩れ、胃酸のバランスも崩れてしまいます。胃酸過多に陥ることで発症します。
こちらも、消化するために胃酸過多を引き起こしやすくなるため、気を付けたいところです。

逆流性食道炎 症状

主な症状を挙げましょう。
まずは、胸やけが挙げられます。さらに、食道につかえた感じ、のどまで上がった胃液で、焼ける感じ、胸の痛み、ゲップが多くなる、背中が痛い、朝起きると胃が痛いなどが一般症状です。 胸やけの症状
一般的な治療方法は、 食事療法や生活習慣の改善(ダイエット)、薬物による治療、つぼ・体質改善が基本です。胃酸過多を少しでも抑えるため、ストレスを軽減する、食べ物をよく噛んで食べる、唾液の分泌を促すことで胃酸が薄めることにも作用します。メタボの人は内臓への圧迫を防ぐためにダイエットも必要ですし、同様に猫背の人も改善が必要です。少し話しは変わりますが、妊婦さんも発症する場合があります。これも内臓への圧迫から起こることです。

逆流性食道炎 薬

軽度のものであれば一般的に夜寝る前に薬を飲み、胃酸の分泌を促すことも効果的です。食道への逆流を放置しておくと(悪化すると)、食道がんの発症率が高くなるといわれています。扁平上皮の粘膜が胃の粘膜に似た円柱上皮に置き換わった状態をパレット食道と呼び、食道がんの約半数はバレット食道から発生したものとされています。
その意味でも、1日もはやく病気を治し、正常な形にすることをおすすめします。




佐藤真二

【克服プログラム】自分で克服・改善する方法
佐藤真二
アドバイザー佐藤真二さんは、自身も経験、克服した人物。
専門医に、相談しても根本的な治療法は提示されず、薬・病院に頼らない根本的な、改善方法を提唱しています。
「喜びの声」を下されば、3,000円を全員にキャッシュバック!
otoku1「喜びの声」を下されば、3,000円を全員にキャッシュバック!
otoku1全額返金保障あり

逆流性食道炎 詳細はこちら


つぼ
胃薬で治すという人もいると思いますが、足つぼも1つの方法です。
ただ、改善させるという意味合いが強く、胃の働きを良くすることが基本となります。そもそも胃の働きが悪くなることで症状がでるので、胃を活性化するツボ押しも1つの改善方法です。